弁護士費用

  • 当事務所は弁護士会旧報酬基準に準拠し、下記のとおりとなっております。
  • 弁護士費用についてお悩みの方については分割のご相談や法テラスによる民事法律扶助もご利用いただけます。
【法律相談】

法律相談料 30分ごとに5400円。
但し、1万800円を上限とします。
また、相談の結果、事件を受任した場合には相談料はいただきません。

【民事事件(一般)】
  1. 訴訟事件
    • 着手金
      • 事件の経済的な利益の5%。
      • 但し、下限を21万6000円といたします。
      • また、調停事件及び示談交渉事件から引続き訴訟に移行した場合は経済的利益の2%を追加着手金 としていただくのみとなります。この場合の下限は5万4000円となります。
      • 原審から引続いて上級審(控訴・上告)を受任する場合は原審の50%の追加着手金をいただきます。この場合の加減は10万8000円となります。
    • 報酬
      • 事件の経済的な利益の 10%。
      • 下限は特にありません。
  2. 調停事件及び示談交渉事件
    • 着手金
      • 事件の経済的な利益の3%。
      • 但し、下限を16万2000円といたします。
    • 報酬
      • 事件の経済的な利益の10%。
      • 下限は特にありません。
  3. 督促手続事件
    • 着手金
      • 事件の経済的利益の3%。
      • 但し、下限を10万8000円といたします。
    • 報酬
      • 事件の経済的利益の5%。
      • 下限は特にありません。
  4. 民事保全(仮処分・仮差押など)
    • 着手金
      • 事件の経済的な利益の2.5%
      • 但し、下限を10万8000円といたします。
    • 報酬
      • 事件の経済的な利益の5%。
      • 下限は特にありません。
  5. 民事執行事件(差押・強制執行など)
    • 着手金
      • 事件の経済的な利益の3%
      • 但し、下限を5万2500円といたします。
【刑事事件】
  1. 一般刑事事件
    • 着手金
      • 21万6000円〜108万円
      • 事件の難易度によります。
    • 報酬
      • 不起訴の場合 着手金の1.5倍
      • 無罪の場合 着手金の1.5倍
      • 執行猶予付判決 着手金の2分の1
      • 保釈が認められた場合 着手金の2分の1
      • その他事件受任時に合意したもの
  2. 少年事件
    • 着手金
      • 21万6000円〜54万円
      • 事件の難易度によります。
    • 報酬
      • 審判不開始 着手金の1.5倍
      • 不処分 着手金の1.5倍
      • その他事件受任時に合意したもの
【その他費用】
  1. 出廷又は出張日当
    • 半日:3万2400円(およそ大阪〜名古屋の範囲です)
    • 一日:5万4000円
    • 交通費は別途実費をいただきます。
    • 大阪すべて、尼崎、神戸、姫路、京都、奈良、和歌山の各裁判所については出廷日当はありません。
  2. 書類作成
    • 内容証明郵便 3万2400円